セブと英語のWebマガジン

フィリピン・セブ島のコンセント&電圧事情を徹底解説!

海外に行くときに気になることの一つがコンセントや電圧系の問題です。現地に行ってから「実は使えませんでした!」では非常に困りますし、無駄使いにもなってしまうこともあるので、これらの問題は出国前にしっかりと把握して準備をしていきたいところです。

日本の電化製品が海外で使えるかどうかは、その国のコンセントの形状と電圧によって決まります。
当記事では、日本人向きにフィリピンのコンセントや電圧系のことについて徹底解説いたします。

コンセントの形状について


まず結論から述べますと、大抵の日本の電子機器はそのままフィリピンでも使えます!
私もセブに住んでおりますが実際に変換プラグも変圧器も一度も使用しておりません。非常に嬉しいことです!

フィリピンのコンセントの形状はほとんどのものが日本と同じ2つ穴です。たまに3つ穴もあるのですが、2つの穴にそのまま挿すと使える場合が大半です。
ゆえにコンセントの変換プラグなどを買っていく必要はなく、フィリピンでは日本のコンセントをそのまま使えます。

でも、コンセントが同じで全て挿さるからといって、何でもかんでも挿し込むのは非常に危険です。たまにフィリピンでは使えない日本の電子機器も存在します。何が良くて何が悪いのかどうやって判断するのかと言うと、次で述べていく電圧が関わってきます。

フィリピンと日本の電圧の違い

日本に住んでいると電圧なんて意識することはありませんが、実は国によって対応している電圧が異なるのです。別に数字を覚える必要は一切ないですが、参考までに述べますと日本・フィリピン両国の電圧は下記のようになっております。

日本:  電圧は100ボルト、周波数は50ヘルツ(東日本)・60ヘルツ(西日本)。
フィリピン:電圧は220ボルト、周波数は60ヘルツ。

220Vの電圧を採用しているフィリピンで、100Vしか対応していない日本の電子機器を使うと電圧が大きすぎて壊れてしまいます。
そこで変圧器が必要となります。変圧器とは電圧の違う海外でも日本の100Vの電化製品を使えるようにする装置です。

これまでの説明では変圧器が必要ということになりますが、実は大半の日本の電子機器は下記のように表示されており、下記の範囲内対応になっているので使用できます。
「INPUT:AC100-240V」

フィリピンで使用できない電子機器って?

大体いけるということは、稀に対応不可のものがあるということです。
日常で使用されるもので無理なものの代表例がドライヤーです。

ドライヤーはセブ現地でも1000円~2000円ほどで購入できるので現地で買うことをおすすめします。ヘアアイロンも同様に基本的に不可です。
あと、たまに英語学習を兼ねて留学中などでも利用する方がいる任天堂DSも気をつけてください。これも100V対応なので電圧器が必要となります。

その他ゲーム類及びに、パソコン、携帯やカメラなどの電子機器は基本的に対応しているので安心です。

その他利用する機会は少ないと思いますが、炊飯器などの電化製品も日本でしか使えない仕様になっているので電圧器なしでは使用できません。

実はとても危険


上記で述べた電圧が異なる機器でもコンセントの形状は同じなので普通に挿すことは可能です。
これは1番危険です!
機器が壊れるだけならまだしも、そのまま放置しておけば発火して火事になることもあります。

日本のドライヤーなどフィリピンの電圧対応していない機器をどうしても使用したい場合は、電圧器を購入する必要があります。
電圧器はセブでも簡単に買えます。割と大きくて重いものなので現地で買うようにしましょう!セブで知らない人はいない大型ショッピングセンターSMモールには大きな電化製品ショップもあり、そこで買うのが分かりやすく安心です。価格の相場は2000~3000円くらいです。

フィリピンではほとんどの日本の電子機器が、基本的にそのまま使用できるので楽ですね!
できるだけコストや無駄な持ち物は抑えたいので、この辺りはしっかり事前におさえておきましょう!

この記事を書いた人 編集部
編集部 スタトリ編集部がセブ島現地から発信する記事です。 有益な情報を届けられるように精一杯励みます!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP