セブと英語のWebマガジン

学校で習ったかも? あのマゼランゆかりの品を観に行こう!

https://pbs.twimg.com/media/C1cUIcEUQAApdhl.jpg
写真や映像でしか観たことがないものを実際に目にすることができる。というのは、海外に出る楽しみの1つという方も多いのではないでしょうか。今回は、探検家マゼランに関係するマゼランクロスを紹介します。

1.マゼランクロスとは

http://livedoor.blogimg.jp/bali_travel-cebu/imgs/3/b/3ba13182.jpg

スペインの探検家であるマゼランが建てたと言われる木製の十字架、それがマゼランクロスです。1521年に建てられたこの十字架は万病に効くと言われ、その効能を求めた人々がマゼランクロスを削って持ち帰ったため、損傷がすすんだそうです。現在は傷みを防ぐため、木製のカバーがされています。1984年には六角堂が建てられ、当時の洗礼の様子が天井に描かれたそうです。

2.場所と行き方

https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/d36657406ebafb637ee0c52aa6b73624cd14d335.80.2.9.2.jpeg

マゼランクロスは、サント・ニーニョ教会のすぐ近くにあります。セブシティのITパークからだと、自動車やジプニーで45~50分ほどです。ジプニーはコロン地区へ行くジプニーに乗るといいでしょう。ジプニーの外側にcolonと書いていたら、マゼランクロス、またはサント・ニーニョ教会の近くまで行くかどうかをドライバーに尋ねてみましょう。ジプニーナンバーだとColonへ行く13CやCarbon行きの03Lなどのジプニーを探してみてください(2017.2現在)。
またマゼランクロスのすぐ側にあるサント・ニーニョ教会は、フィリピン最古の教会のため有名です。ジプニーを降りたらサント・ニーニョ教会の場所を尋ね、近くまで来たらマゼランクロスの場所を尋ねるとたどり着きやすいかもしれません。

3.マゼランクロスに行くときの注意

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/junho/20081107/20081107145901.jpg

マゼランクロスのある場所は、セブの中では少し治安の良くない地域と言われているコロン地区のすぐ側にあります。そのためマゼランクロスに着くまでは、スマートフォン・タブレット・カメラなどの高価な品は鞄から出さないほうがいいでしょう。また、観光客の多い地域ですので、スリにも注意したほうがいいかもしれません。

授業で聞いたことのあるマゼランが建てたと言われるマゼランクロス。すぐ近くにはサント・ニーニョ教会もあるため、セットで訪れるのがおすすめです。セブを訪れるのであれば、実際に自分の目で観て歴史を感じてみるのもいいかもしれませんね。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP