セブと英語のWebマガジン

【決定版】セブ島留学!おすすめ語学学校の選び方!

近年人気が上昇中のフィリピン留学の中でも特に人気のエリアがセブ島です。多くの留学生からの需要がある分、実際にセブ島には数多くの語学学校があり、おすすめの語学学校は多いです。

しかし多すぎて、自分に向いているとこはどこなのか、どこに行けばよいのか分からないといった問題もおきやすいです。

セブの語学学校の中で自分にあった学校のおすすめ選択基準を紹介していきます。次の観点で絞っていき、自分にあった学校を選びましょう。

オーナーの違い!日本資本にする?それとも韓国資本?

セブの語学学校の大半は韓国資本と日本資本の学校で構成されています。実際にセブは韓国人と日本人の留学生が圧倒的に多いです。
日本人でも韓国資本に行く人も多く、各々どういった特徴があるのでしょうか?

韓国資本の最大の特徴は、日本人比率が少なく、バラエティ豊かな国籍の他の留学生が集まりやすいということにあります。先生だけではなく生徒に関してもいろんな外国人と触れ合える方が良いというアグレッシブな方はこの観点で韓国資本を選ぶことが多いです。

ただ中長期間知らない土地で生活することは不安があると思います。もちろん韓国資本の学校でも日本人が一定数いっているところは日本人用の対応があったり、常駐の日本語スタッフが設けられてはいるのですが、日本資本はやはり日本人用に構築されているのでサービス面などに関しては日本資本の方が安心感は強いです。また料理の違いは大きいです。韓国資本の学校はどうしても基本的に辛くなりがちです。毎日絶対に触れるものなので食に敏感な方は苦しくなってしまうかもしれません。

セブ留学がおすすめされる理由の1つ!スパルタ度合いで判断!


フィリピン留学は欧米諸国の語学学校に比べて、1日の授業数が非常に多く詰め込み型学習として知られています。それが故に短期間で英語力を伸ばすことも可能になっています。

セブの学校の中でもさらにスパルタ校と呼ばれる学校があります。先生が厳しすぎるなどといったことはなく、授業内容に変化はありません。規律の違いであり、例えば毎朝早朝から単語テストがあり、毎日厳しい門限が課せられていたり、平日は外出禁止とまでなっているスパルタ校もあります。

南国の空気感もあってかセブに来ると気が緩んでしまっている人も一定数います。
スパルタ校では外的環境から絶対に勉強せざるを得ない環境・空気を作ってくれているので、自分の意思だけでは折れそうになったときも支えてくれます。さらに生徒も遊び感覚で来ている人はほぼおらず、絶対に英語を習得したいんだと志が高い人も多めです。とにかく勉強をしたい人にはおすすめです。

逆にノンスパルタというと門限などない学校が多く、単語テストなども基本的にないです。自分のペースで勉強を進めやすいです。平日授業後も外に出かけ外のフィリピン人との交流をしに行く人もよく見かけます。日本資本の方にノンスパルタ校が多く、逆にスパルタ校は韓国資本が多いです。というのも日本人の方がも自分で自制して勉強する人の割合が高めで、教育社会の韓国人のほうが中には親に無理やり送り出されたという人もおり、だらけやすい人も多いことが理由とも一説では言われています。

カリキュラム内容で選択

セブ留学では様々な需要に応えられるように、かなりバラエティ豊かなコースが揃っています。もっとも一般的な英会話コースに、TOEIC/TOEFLなどのテスト対策コース、さらにビジネス英語コースや親子留学コースまで存在します。
各学校ごとに特化しているコースや推しているコースなどもあるので、自分の英語学習の目的が明確に決まっている人は、各学校のカリキュラムを基準に選択していくのも良いと思います。

立地で選ぶ!セブシティとマクタン島(リゾート地)の特徴。


最後に立地の話に移ります。セブといっても大きくセブシティとリゾート地であるマクタン島に分かれます。
シティの方が生活は便利です、周りに多数のスーパー・コンビニ・レストラン・飲み屋などがあります。マクタンの学校は周りに店や施設が少ないので、学校の施設内だけでも生活が事足りるように施設自体は充実している学校が多いです。

島といっても2本の橋で陸続きになっているのでタクシーで30~60分ほどで行き来できる距離ではあります。シティの学校でも週末にはリゾート気分を味わいにいけるし、リゾートの学校の人でも週末にシティの大型ショッピングに物資の買い溜めに行くことも簡単にできます。

海などを味わうのは週末だけでもよく利便性重視でとにかく勉強したい人や、または頻繁に飲みにいって実際に現地の人との交流も行いたいといった方はセブシティの学校がおすすめです。
以上、セブ留学での語学学校の選び方における大きな4つのポイントを紹介しました。是非学校選びの際に、1つの観点として役立ててください。

この記事を書いた人 編集部
編集部 スタトリ編集部がセブ島現地から発信する記事です。 有益な情報を届けられるように精一杯励みます!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP