セブと英語のWebマガジン

留学専用の奨学金まとめ

留学に行きたいけど、お金がネックになり踏みとどまっている人に朗報です。
大学の学費などを奨学金で支払っている方は多いですが、実は留学専用の奨学金も多く存在するのです。その中でも主要の奨学金をいくつか紹介します。

JASSO(日本学生支援機構)

奨学金を発行している機関でももっとも有名な日本学生支援機構、通称JASSOが「海外留学支援制度」という名目で留学用の奨学金も提供しています。信頼度の高さと利用人数の多さから、しっかり仕組み整っており安心感は強いです。

JASSOが提携している各学校の在校生が受けられる奨学金となります。審査の基準などは各校により変わりますが、各校が設ける資格・要件を満たす学生のみが受けられる奨学金となります。

種類は大きく分けると2種類あり通常の貸与型と返済が不要の給与型があります。もちろん給与型の方が条件は厳しくなり、さらに給与型は基本的には提携のある諸外国における高等教育機関への留学のための費用に対しての給与となります。

経団連グローバル人材育成 スカラーシップ奨学金

これまた信頼度と知名度が高い経団連が運営する団体による留学奨学金です。
将来社会で「活躍する意欲を持った学生」を対象にしており、財団の指定している大学・大学院の生徒であるということが応募資格になります。
基本的には長期留学向けであり約1年間(8 カ月以上 1 年未満)であるということが条件になっています。

魅力点の1つが利用方法は指定されないことです。留学の授業費用に当てても良いし、現地での生活費の足しに使用しても問題ありません。
用途問わずに1人100万円の給付を受けられるので、非常に大きな便益があります。また留学帰国後に、経団連に所属する大企業が開催する合同説明会などにも優先的に案内されるなどの恩恵も受けられ一石二鳥です。

その他、民間プログラム

民間企業などの民間団体から個別に提供される奨学金も多くあります。これも各大学ごとに提携している機関があり、提携している機関の数や種類はその大学によって異なります。また給付内容や条件なども各機関ごとに大きく異なります。

トビタテ!留学JAPAN

最後に近年、急激に注目を高めている国家プロジェクトです。
「トビタテ!留学JAPAN」というプロジェクト名で国家も主体となり取り組んでいる留学促進キャンペーンであり、多くの学生から支持を得ています。2014年にスタートしたばかりの海外留学支援制度です。
2014年から2020年までの7年間で1万人の高校生、大学生を留学生として日本から海外に送り出しグローバル人材を日本で増やしていく計画です。
プログラム内容も面白く語学留学だけでなく海外での就業体験やボランティア活動も支援されるという大きな多様性を認めたプログラムです。さらに他の交換留学などとは異なり、期間や明確な時期などの留学計画を自身で決められ、自主性を持ったグローバル人材を育むことに重きをおいています。

留学費用を補ってくれる奨学金制度は他にもたくさんあります、自分の目標と現状を考慮して、自分に合う奨学金がないか大学生の方は是非検討してみてください。

この記事を書いた人 編集部
編集部 スタトリ編集部がセブ島現地から発信する記事です。 有益な情報を届けられるように精一杯励みます!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP