セブと英語のWebマガジン

留学費用が安い国はどこか徹底比較!国別留学費用相場まとめ。

語学留学に行く際に気になることの1つが費用についてだと思います。
もちろん各学校ごとに、またはコースや部屋割り別でも費用は変わってきますが、各国ごとの目安となる留学費用の相場を把握することは自分の留学行き先決めの助けになると思います。
当記事では参考までに国別1ヶ月の留学費用をまとめていきます。語学学校に通う際に留学費用が安い国はどこなのか徹底比較していきます!

標準コースの平均的な費用で紹介していきますので、もちろん各国においてより安い価格で留学に行くことも可能です。

フィリピン


1ヶ月の留学費用:¥150,000
格安留学で一躍有名になったフィリピンですが、やはり実際に1番安く留学が可能な国となっています。さらに基本的に全寮制ということもあり、寮の滞在費や3食の食事が全て含まれてこの価格ということは驚きです。また講師の人件費の安さから実現できることではありますがフィリピンの語学学校はマンツーマン授業がメインになっています。

アメリカ


1ヶ月の留学費用:¥270,000
 授業料16万+滞在費10万+昼食代2万
アメリカの場合はホテル寮などもありますが、ホームステイ滞在が主となります。
学校の授業料のみで16万円ほどとなり、滞在費用で10万円ほどです。家賃が大きく変わるので滞在費用は都市によって変わります。

ホームステイ先で朝夜の食事を用意してもらえることが一般的ですが、昼食は各自で用意する必要があります。そこで一日の昼食費用を900円と仮定し1ヶ月の必須食費として2万円を追加しました。

カナダ


1ヶ月の留学費用:¥220,000
内訳 授業料12万+滞在費8万+昼食代2万
カナダはネイティブ英語圏のなかでは比較的安く留学が可能な国です。アメリカ同様カナダの場合もホームステイが主流になりますが、アメリカよりも料金を抑えた留学が可能です。長期間の留学になると価格はより大きく変わってくることになります。また人気の都市バンクーバーは高いなど都市によっても授業料はやや変動ありです。

カナダはオーストラリアと並ぶ日本人のワーキングホリデー人気国のため、留学+ワーホリをまとめて行う人も多いです。

イギリス


1ヶ月の留学費用:¥270,000
内訳 授業料14万円+滞在費11万円+昼食代2万円

授業料だけでみると、アメリカと比較すると安く抑えること可能ですが、滞在費はより高くなりやすいです。合計金額はアメリカと同等となります。イギリスの場合も最初はホームステイが主流ですが、シェアハウスが多いので慣れてきた人は自分で探してより安いシェアハウスに移るというケースも多いです。

オーストラリア


1ヶ月の留学費用:¥250,000
内訳 授業料15万+滞在費8万+昼食代2万円

オーストラリアではカナダ同様にワーホリが人気であり、シェアハウスも活発です。最初ホームステイで滞在しておいて、費用をおさえるために途中でシェアハウスに変更するというケースも一般的です。外出をする際の日ごろの食費は高くなりがちです。

マルタ


1ヶ月の留学費用:¥220,000
マルタは地中海に囲まれているヨーロッパにある島です。リゾート地としても人気のエリアで過ごしやすく、さらにヨーロッパの中ではかなり物価が安いほうで、留学費用も抑えることができます。授業料や寮滞在費用含め22万円ほどで他の欧米留学よりはだいぶ低めにおさまります。

以上、人気留学国の一ヶ月の留学費用です!上記は授業料、住居代、食費を合わせた留学費のみを記載しています。航空券、保険代や現地での自身のお小遣いなどは含んでおりません。距離が近めなフィリピンは航空券も安く、また物価の安さにより日ごろの生活費も格安なので、合計留学費用は他国と比較してより安くなりやすいです。

この記事を書いた人 編集部
編集部 スタトリ編集部がセブ島現地から発信する記事です。 有益な情報を届けられるように精一杯励みます!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP