【必見】実際にフィリピン留学っていくらかかるの?必要な予算を徹底解説

【必見】実際にフィリピン留学っていくらかかるの?必要な予算を徹底解説

格安で有名なフィリピン留学ではありますが、実際にどれだけの費用がかかるのか気になるところ。重要な部分は学校に支払う留学費用のみではなく、留学期間全てを通して発生する予算です。

もちろん期間によって使うお金の総額は大きく変わるので目安として一ヶ月のフィリピン留学でかかる費用の相場を記していきます。
結論を先に書いておきますが、全費用含め30万円が1ヶ月のフィリピン留学費用相場です。

フィリピン留学では下記5つの費用が発生しますので、その詳細内訳を述べていきます。
①学院支払い費用
②現地支払費用
③航空券
④保険
⑤現地生活費

学院支払い費用 約15万円

学院支払い費用には学院登録金・授業料・寮費用などのことで、いわゆる一般的な留学費用です。コストのメインとなってきます。日本で事前に振込み支払いをしていくことが一般的です。エージェントを介していく人はエージェントにお金を振込みエージェントが学院登録をしてくれます。

大半の学校はここに3食の食事代も入っており、一ヶ月で15万円前後となります。人気が高い2人部屋・一般英会話コースでの費用となります。部屋割りを3人、6人部屋と変更すると12万円ほどにおさえられるところもあります。

現地支払費用 約4円


フィリピン現地で、初日のオリエンテーション後に学院に直接現金で支払う費用となります。主な内容は下記です。1ペソ=2.4円計算となります。
(1)デポジット(保証金)2500~4000ペソ
留学期間中、学院に預けておくお金です。最後に部屋の破損などがあった場合、このデポジットからお金が引かれることになります。どの学校でも絶対にある制度です。普通に過ごしておけば何も破損は起こらないので、基本的にそのまま戻ってくるお金となります。

(2) SSP(特別在住許可証) 6500ペソ
フィリピンで勉強をする留学生は全員フィリピン政府に申請する必要があります。留学用ビザのようなもので手続きが必要ですが、どの学校でも代行して行ってくれます。

(3)電気・水道代 1000〜2000ペソ
電気・水道代は定額制の学校とメーター精算の学校の大きく2つに分かれます。
メーター精算の学校は使用した分だけ退寮時に支払う必要があるので節約する傾向にあります。請求料金が部屋人数で割られるため多い人数の部屋に泊まる方が高熱費も安く抑えられます。定額の学校は初期費用として電気・水道代も支払うとそれ以上支払う必要はありません。

(4)教材費 1000〜1500ペソ
学校によって体系や価格が異なってきますが大体1000~1500ペソ前後です。こちらも定額制の学校と使用したテキスト分だけ都度支払うタイプの学校に分かれます。

上記にあげたもの以外で、学生ID発行費、ピックアップ費などがかかる学校があります。大体どの学校も4万円ほどです。

航空券 約8万円

もちろん時期やキャリアによって変動はありますが、航空券手配費用の相場は
関西空港出発の場合:約60,000円~90,000円
成田空港出発の場合:約65,000円~90,000円
といったところです。

保険 約1.6万円

セブにはジャパニーズヘルプデスクという日本人スタッフ常駐の病院も多いです。そして多くの保険ではジャパニーズヘルプデスクでお金立替も不要で治療を受けられるといった保障もついていますので、絶対に保険は入っていった方がよいです。特に海外ですので体調を崩す可能性は誰にも大いにありまう。
海外留学保険手配費用は、人気の高いAIU保険会社を利用した場合で約16,000円です。

現地おこづかい費用:約30,000円~50,000円

現地生活中の外食の頻度、外出・旅行される頻度等により一人一人変わります。
3食付きなので現地での遊びなどを考えない人は一ヶ月一万円でも過ごせちゃいます。週末は海に出かけたりリゾート地としても人気の高いセブの遊びを堪能したいという方だと5万円ほどみておくとよいでしょう。

これらを総合して平均的なフィリピン留学で必要な予算は30万円ほどです。ちなみに1ヶ月で30万円なので2ヶ月で60万円というわけではありません。航空券代は変わりませんし、初期費用や保険も2倍までにはなりません。

これらは平均的な目安として紹介しましたので、とにかくもっと安く抑えたければ可能ではあります。本当に格安で留学できるセブ留学であり、費用はセブ留学が益々人気になっている要因のひとつですね。

             留学カウンセリングを受けてみる

留学情報カテゴリの最新記事