セブと英語のWebマガジン

フィリピンではどんな服装をするといい? 服装で気をつけることはある?

海外に行く、留学する際に考えるのが、どの服をどのくらい持っていくかということ。もって行ったのに必要なかった、足りなくて困った、ということは極力避けたいですね。ということで今回は、セブ留学の際の服装のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.まずはこれだけ準備!


http://www.ryugaku-voice.com/voicew/wp-content/uploads/2015/10/aus-belongings5.jpg
留学する際の目安は期間にもよりますが、数ヶ月であれば、1週間分の服をもっていくといいでしょう。そして、フィリピンでの基本は半そでTシャツとジーパン。まずはこれを準備しましょう。ポロシャツや襟付きシャツもいいですが、現地の方に寄せるならTシャツです。暑い日にはジーンズ生地はつらいので、ボトムスはハーフ丈やアンクル丈のチノパンなども重宝します。

2.南国なのに長袖?

http://dash-dash-dash.jp/wp-content/uploads/2016/01/cd3fc7dbac9c8771ab6ae6d8fc6b12b7.jpg
フィリピンは外は暑いですが、ショッピングセンターや学校などの建物や、ショップ、タクシーなどは空調が強めのことが多いです。10分もいると手先や足先が冷えて寒い、ということもよくあります。ですので体温調節のためのはおりものが必須です。薄手のカーディガンやストール、もしくは日焼け防止も兼ねて7分袖や長袖シャツを用意してもいいでしょう。空調が苦手な方は少し厚手のものを用意しておくと安心です。

3.気をつける服装

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/ed/84/d7/ed84d77aaef2109be800c8d576213f46.jpg
フィリピンでは普段の生活でドレスコードを気にすることはほぼありません。ですが、教会など神聖な場所へ行く場合は、露出の多い格好は避けましょう。また、アクセサリーなどはつけないほうがいいです。リゾート地以外では、お金をもっていると誤解されそうな格好は避けましょう。女性はヒールの高い靴などにも気をつけましょう。

4.海外での服装のコツ

https://i2.wp.com/chokin.me/wp-content/uploads/2016/08/closet2.jpg?fit=800%2C600&ssl=1
基本は、現地の方の格好を真似するのがいちばんです。また、捨ててもいい古めの服をもって行き、捨てて帰るのも1つの手です。もって行くものを減らし、現地で購入したものを着る、ということもできます。ユニクロやH&Mなどフィリピンでも買えるブランドを購入してもっていくことも可能です。ただ、日本で買えるものは現地で高級ブランドの可能性もあるため、ブランドのロゴが大きく書かれているものなどは避けておいたほうが無難です。
また、日本人が気をつけた方がいいのは外国語がプリントされたTシャツです。意味によっては誤解を与えかねません。また、国によっては政治の政党をあらわす色、特殊な意味を持つ色があります。選挙時期に海外へ行く方などは特に気をつけましょう。

5.靴

http://primer.ph/cgi-bin/mt/mt-static/FileUpload/pics/shopping2008/Havaianas2.jpg
フィリピンでは普段からビーチサンダルを含め、サンダルを履いている人が多いです。また、スニーカーもあると便利です。ビーチサンダルで歩く人は多いですが、慣れていない人は何かがあったときに走れないため、防犯を気にするのであれば普段履きは避けておきましょう。

国の文化や気候によって服装はおおきく異なります。今は現地の写真を検索してみることも可能です。体温調節含め、防犯も考えて服装を考え、貴重な海外での生活を楽しみましょう。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP